海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フリンジ シーズン2-17話『白いチューリップ』ネタバレ
ウォルターが家でピーターへの真実を語った手紙を書いているとピーターから列車で不可解な事件が起こったと電話がかかってきて、手紙をポケットに入れ現場に向かう。列車の一車両だけ全ての人が心臓麻痺のような状態で死亡していた。

ピーターは車両の電気から携帯電話やパソコンの電地まですべて空になっていたので関連性を調べることに。列車から出てきた男を見た少年が男の特徴を話してくれ、監視カメラで調べると駅を出てカフェに入っていたことが分かったので行って見るとカードを使っていたので犯人がアリスター・ペックという人物だと分かる。

住所を突き止め踏み込むとペックはいなかったが黒板がたくさんありそこには数式がずらりと並んでいて、天体物理学の教授だと分かる。部屋を捜索しているとペックが家にやってきて身柄を拘束しようとするが全身を手術していていなくなってしまう。

次の瞬間ペックは列車列車の中にいて同じ時間に戻っていた。今度はカフェを利用しなかったが手すりの指紋から身元が割れ、家に行くがまたしてもペックはいなくアルバムを見つけるとそこに女性が写っていて帰りを待つが帰ってこないので帰ることに。

ウォルターはピーターに手紙を渡そうとしているがまだサインが来ていないので様子を見ているという。ピーターが機会のパーツを見つけ日付とプロトタイプと書かれていた。職場に行くとペックはタイムトラベルの研究をしていたと聞き写真の女性は奥さんだと分かり。

出版しようとしていた書籍があり、ウォルターに見せるとペックは時間移動をしようとしているかもしれないという。写真の女性はアーレット・ターリングという女性ですでに死んでいて彼女を救おうとしていたことが分かる。アーレットの携帯電話が解約されておらず発信元が大学だったのでウォルターが一人で説得することに。

身体にパーツを埋め込んでいるペックを見つけ話がしたいという。時間移動すると周りのたくさんの人間のエネルギーを奪われて死んでしまうというウォルターは言うが、ペックはエネルギーは植物から奪うという。事件の日の前に行けないのは理論が違うといいアドバイスをする。

事件の日はアーレットと喧嘩していて一人でバルーンを見ているときにタイムトラベルの理論が思い浮かんで、会いに行こうとするとアーレットが車に跳ねられ死んでしまい、自分が側にいてやればよかったとそのことをずっと悔いているという。

ウォルターはピーターにしたことをペックに話し、神など存在しなかったというがピーターをこちらの世界に連れてきてからは神に許しを乞っているという。自分のしていきたことを許してもらう為に『白いチューリップ』のサインを待っているという。

奥さんを救うと世界に紛れが起こるから止めるようにいうが、警官が踏み込んできてペックはまた時間移動して逃げてしまう。ペックはラボに戻りウォルターのアドバイスを参考に式を書き換え、手紙を書きまた時間移動する。そうすると事件の日に戻ることができ、アーレットの車に乗りそのまま一緒に車に跳ねられ二人とも死んでしまう。

ウォルターは部屋でピーターへの手紙を書き終わるが燃やしてしまい、決心がつかずにいた時に手紙が届く。そこに白い紙に黒のマジックで書かれたチューリップの絵が書かれていて、それはウォルターが言っていてた許しのサインだった。



すごく粋な話でしたね。

ペックがかっこ良すぎでした!
白い紙で白いチューリップとは機転がききますね!

きちんと植物のエネルギーを使い犠牲を出さずに目的を遂行しているところもすごい!

彼はウォルターに言われたからあのまま死ぬことを決めたのでしょうか?

それとも初めから一緒に死ぬつもりだったのでしょうか?

みなさんはどう思いますか?

ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

フリンジ2FRINGE / フリンジ 〈セカンド・シーズン〉
コレクターズ・ボックス [Blu-ray]


  オリビア・ダナム          (アナ・トーヴ)
  ピーター・ビショップ        (ジョシュア・ジャクソン)
  ウォルター・ビショップ      (ジョン・ノーブル)
  フィリップ・ブロイルズ      (ランス・レディック)
  アストリッド・ファーンズワース (ジャシカ・ニコル)

  FRINGE公式サイト


関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。