海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ホワイトカラー シーズン1-11話『逃げる女 HOME INVASION』ネタバレ
人ごみの中でスリをしていた女泥棒アレックス・ハンターと再会したニール。東欧の骨董専門の彼女に、探しているオルゴールについて尋ねるが、協力できないと断られるが携帯の番号を渡して去る。その頃、ピーターはインサイダー取引の疑いで株トレーダーのグレイを張り込んでいて女性と家に帰ってきたが、少し経つと銃声がしたのでピーターが踏み込む。
そこにはグレイの死体があり一緒にいた女性ピアースは男が忍びこんでいていきなり銃を打って窓から逃げたという。ピアースは病院に連れていくがバッグを調べるとIDが偽造だったのでピアースを連れてこさせようとするがすでに逃げていてグレイを殺したのはピアースだと分かる。

バッグに入っていたものをみるが暗号化されたメモ以外は参考にはならなかった。ニールが家で暗号を解こうとしているとアレックスがやってくる。FBIだとバレたがオルゴールの情報を教えてくれという。ピーターは家のテレビの交換をする為に今は電気が止まっていて、モーテルで泊まろうとするが犬が邪魔だったのでニールの家に行くことに。

ピーターが来てアレックスと蜂会いになり、アレックスは帰ってしまいピーターとしばらく一緒に住むことになる。次の日の朝、ニールが目覚めるとジューンとピーターが暗号のことを話していて暗号の意味に気づく。グレイはリストの4番目だったので5番目のリストに会いに行くことに。

次の日にオフィスに行きピーターはジョーンズにアレックスが触ったものを渡し誰か調べるように頼む。ピアースの指紋の経路を見ると何かを探しているようだった。1~3番のリストの人物はピアースのことを聞くとだんまりになったので5番目のリストのダニエル・パイカに会いに行く。

ダンの部屋に行くがコレクションが多すぎて見当がつかなかった。家に戻りピーターがマラソンから帰ってきてニールは下に行ってしまう。その隙にニールがオルゴールを探していることを知る。その直後にニールがグレイのコレクションとダニエルのコレクションで共通するものがないかを調べに行くことに。

グレイの部屋に行くとヒスイの像を見つける。その像は5体あることがわかりリストの5人は像を持っていることがわかる。指紋がアレックスのものだとわかるが何をしているのか気になる。出会い系サイトでピアースと知り合って昨日連絡を取っていたことが分かり。ニールがダニエルの代わりに会うことに。

像を2つ持っていることを話し、1頭で200万だが5頭で売れば2億になるので協力しようと話しているがそこにアレックスがやってきて、FBIに調べられたというがニールは知らないという。その隙にピアースが逃げてしまう。そこでピーターはなぜアレックスが現れたのかと言い、調べたのがピーターだと知る。

ピーターはオルゴールのための資金作りとして、像を奪おうとしたのかと言うがニールは違うといい怒ってしまい歩いて家に帰る。家に帰るとピアースがニールの部屋に来ていて像はここには無いので像の場所に向かうことに。追跡装置を外す際にモールス信号を出し、電気という暗号を伝える。

それでニールは今停電しているピーターの家に行くことが分かる。ピーターの家に行きタンスを探させている隙にニールはコンポの電源を入れ音量をMAXにしていた。ピーターたちは電気を戻してその瞬間踏み込むことに。電気を付けると明かりや大音量でびっくりして硬直したピアースを捕まえ像はすべて揃う。

後日、ニールはアレックスにもう一度会い、オルゴールの所在がわかったことを聞くがFBIのニールには教えないといい去ってしまう。


オルゴールの所在がわかり次からオルゴールを盗みに行くんでしょうかね。

ニールとピーターは相変わらず疑心暗鬼ですね。

エリザベスやジューンは信じてあげてっていつも言ってるのに・・・・

それにしても・・・・

女性ってほんと怖い!!!(笑)

大変なことも多いですが女性のほうが上手く世渡りしていると思いますね。

次生まれるなら女性になりたい!!(笑)

ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


ホワイトカラー  ホワイトカラー DVDコレクターズBOX
  ニール・キャフリー :マット・ボマー(Matt Bomer)
  ピーター・バーク   :ティム・ディケイ(Tim DeKay)
  エリザベス・バーク :ティファニー・ティーセン(Tiffani Thiessen)
  モジー         :ウィリー・ガーソン(Willie Garson)
  製作総指揮・脚本:ジェフ・イースティン
  制作:20世紀フォックス
  ホワイトカラー公式サイト
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
男ですいません。(GEORGIA)
さすがのニールもアレックスには分が悪いわ。

ニールとピーター、内心では互いを認めながら
男の意地で素直にそれを表せないって感じかしら?
そのへん、女性のほうが柔軟かも。

でも意地を張っちゃう男ってかわいいと思うの。

来世も男で行きましょう!
2012/01/31(火) 23:50:27 | URL | dramatica247 #qbIq4rIg[ 編集]
Re: GEORGIA
確かに男の意地で素直に表せないっていうのはあるかもです。

ピーターなんか特にプライドは高いでしょうかね。

女性は柔軟な人が多いですね!

来世も男でもありですが、両方どんなものか知りたいですね!

男のころのことは覚えていないでしょうけど(笑)
2012/02/01(水) 00:29:35 | URL | 海外ドラマン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。