海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ホワイトカラー シーズン1-6話『男と女の身元 ALL IN』ネタバレ
コスタ捜査官が行方不明になったので調べることに。覆面捜査中でドラッグ売人に扮した彼は、資金洗浄をしている中国人のラオ・シェンを捜査していた。ギャンブル好きなラオに近づくため、ピーターはニールをカジノに潜り込ませる追跡装置がついているので代わりに盗聴器付き追跡腕時計を付けることに。
ラオと話しているとニューヨーク市警が踏み込み、ニールも逃げるハメに。危ういところをラオの女であるメイリンに救われホテルに行く。そこで腕時計を壊されると彼女は国際警察でラオを見逃せばケイトの情報を教えると持ちかけられる。ニールはピーターの元に戻るがメイリンのことは伏せていた。

警察に通報したのがメイリンだと分かり仕事仲間に話を聴きに行くとレッド・ランタンという貿易会社でも働いていてその会社はコスタ捜査官が調べていた。クルーズが調べた結果メイリンは国際警察だと分かる。ピーターとニールが貿易会社に潜入するとコスタ捜査官の遺体を発見する。と誰かがやってきて隠れる。

コスタを連れていってしまいピーターは隠し事をするなと言われメイリンのことを聞かれる。素直に話すとピーターがラオを捕まえると中国政府から国際警察に資金援助をして貰えるからコスタを見殺しにしたという。家に帰るとメイリンが来ていて明日取引をすることになり、邪魔をするなと釘を刺される。

ラオに会い取引を成立させてメイリンからUSBをもらうと、ニールはラオにギャンブルをしようと持ちかけ、賭けに時計を出しわざと負ける。時計をラオの腕に付け話を盗聴して証拠を得る。USBを見るが何のデータも入っておらず後日メイリンから連絡がある。

ケイトと一緒にいる人物はわからないが男はFBIだという。


ドミノを使ったギャンブルなんて初めて知りました!

世界には様々な賭けがあるんですね。そう考えると花札なんかも日本発祥ですが世界から見たら珍しいでしょうね(笑)

ピーターの靴下がかわいすぎる!!そりゃ靴を脱ぐのを躊躇いますよねw


ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


ホワイトカラー  ホワイトカラー DVDコレクターズBOX
  ニール・キャフリー :マット・ボマー(Matt Bomer)
  ピーター・バーク   :ティム・ディケイ(Tim DeKay)
  エリザベス・バーク :ティファニー・ティーセン(Tiffani Thiessen)
  モジー         :ウィリー・ガーソン(Willie Garson)
  製作総指揮・脚本:ジェフ・イースティン
  制作:20世紀フォックス
  ホワイトカラー公式サイト
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。