海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ホワイトカラー シーズン1-3話『売られた聖書 BOOK OF HOURS』ネタバレ
マフィアの大物バレリを監視していると部下がやってきて、教会から盗まれた聖書を探して欲しいとFBIに依頼。バレリに反感を抱くピーターは手を貸す事を渋るがヒューズに頼まれ仕方なく捜査することになる。その聖書は中世のもので、癒しの力があるという言い伝えがあった。
捜査を始めたピーターとニールは、教会に出入りしていたホームレスのスティーブという男を泊めていたことが分かる。スティーブは愛犬のルーシーを治す為に何者かにそそのかされて盗んだが聖書を取られそのまま逃げたことがわかる。そんな中、バレリの甥が殺され、ファイルを見たスティーブがバレリに頼まれたという。

事件はマフィアの抗争だと睨んだ上層部からピーターたちは外される。ピーターからFBIのジャケットを借りモジーがバレリの自宅に潜入して教授のマリアに会おうとしていたことが分かり会いに行く。話を聞くがバレリのことは知らないといいニールのことを知っていて興味がありそうだったのでデートに誘うことに。

デート中にジョーンズたちがマリアの家に行き盗聴器を仕掛け、マリアとニールが帰ってくるがマリアに部屋に侵入したことがバレて、ニールにFBIを裏切り協力をしてと求める。ニールは部屋の盗聴器を壊し協力するように見せかける。ニールに口座を作り、聖書を受け取ったらマリアに送金するという手はずでマリアに会いに行く。

追跡装置を外し逃げた先で本を受け取り送金して無事に終わるかと思ったが、マリアが銃を突きつけいてきた。一発打ち込むが聖書に当たりニールは無事で、すかさずピーターたちが来てマリアを捕まえる。その隙にニールはモジーに聖書を渡し、ニールに聖書をどうしたかと聞くがどこにあるか知らないと嘘をつくがピーターがひらめく。

協会に行くとスティーブがいてルーシーを治そうとしていた。そこにバレリがやってきてルーシーを治してやるといい一緒に獣医の元に向かう。ニールになんで協会だと分かったか聞かれ、エリザベスにニールのことを信用してあげてと言われたからだと答える。

ボトルをくまなく調べたが何も見つからず、ふいにキャンドルの前に置くと何かが浮かび上がってきた。紙は炙り出しででてくる仕組みで地下鉄の地図のようだった。


フリンジのチャーリーことカーク・アセヴェドが出てる~!!

でも声優さんが違っていた・・・吹き替えって大体同じ声優さんですよね。チャーリーのほうがよかったw

奇跡って本当に起こるものなのか・・・頼り過ぎない程度なら信じてもいいのかな~。

25万ドルもの金をもらいながらきちんと守ったニール、偉い!!w

ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


ホワイトカラー  ホワイトカラー DVDコレクターズBOX
  ニール・キャフリー :マット・ボマー(Matt Bomer)
  ピーター・バーク   :ティム・ディケイ(Tim DeKay)
  エリザベス・バーク :ティファニー・ティーセン(Tiffani Thiessen)
  モジー         :ウィリー・ガーソン(Willie Garson)
  製作総指揮・脚本:ジェフ・イースティン
  制作:20世紀フォックス
  ホワイトカラー公式サイト
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。