海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ホワイトカラー シーズン1-2話『ドレスの秘密 THREADS』ネタバレ
前回の事件が無事に解決したことでFBIコンサルタントになったニール。ファッションウィークで賑わうニューヨークで殺人事件が発生。現場に居合わせたモデルのタラは犯人を見ていないが声を聞いたという。イスラエル人の偽造犯ゴヴァートが関わっていることがわかるが、誰も彼の姿を見たことがなかった。
ニールの案でゴヴァートをパーティにおびき出し、ゴヴァートと電話していたドミトリという男の携帯を盗み確保しようとしたがゴヴァートが一歩早く携帯を別の誰かのポケットに入れ逃げいてた。

その一方でニールはケイトの行方を探すため、親友で裏社会にも通じるモジーの助けを借りていた。装置は外せなくモジーに面会のビデオを見せて貰えるようにピーターに頼んでみては?と言われピーターに頼んでみるとこの事件が解決したら考えると言われる。

ゴヴァートと連絡が取れないので一緒にいた女性に近づきドミトリと話しゴヴァートの買い手だということを知り監視する。ドミトリがホテルに入るがしばらくしても出てこないので行ってみるとドミトリは殺されていた。犯行手口からゴヴァートだと分かり、設計にはない業務用エレベーターを使い逃げていた。

遺体の近くにはドレスが落ちていてオートクチュールだと分かり、ドレスに何かを入れていたのではないかと推測して服を売った男から話を聞くと息子を人質に取られ無理やり作らされていたこととドレスが2着あり本物は持っているという。本物を見てみるとそれらしい物が出てきて鑑識することに。

ゴヴァートに電話をさせドレスを間違えて渡してニールに5万ドルで売ってショーに来ると伝えるゴヴァートをおびき出す作戦に移る。パーティー会場にタラと二人で来たニールにウェイターが携帯を持ってくるとゴヴァートから電話があり500万で買うというがニールが断るとどうなっても知らないぞといい電話を切る。

オフィスに戻り携帯を調べるが何も見つからず、そんな時タラがゴヴァートに捕まったと聞きゴヴァートから着信がありタラの持っていた名刺からピーターのこととFBIのことがバレ翌日にドレスを公園に持っていこいという。

警官を配備させ公園でゴヴァートに会いドレスを渡すがタラのベルトに爆弾を仕掛けたといい起爆は携帯でできるといいその場を去る。そこでニールはひらめきゴヴァートの携帯に電話をかけ続け爆弾の起動をさせないようにしてその間に逮捕する。

タラも無事で一件落着。後日ケイトの面会のビデオを借りて見てみると手でモールス信号の合図を出していることがわかり『Bottle』と合図してボトルが何かのヒントなのだと分かる。


ニールはほんとに人に慣れているというか大胆ですね!

あんなパーティーに行ってみたいですw

ピーターも切れ者で作戦を考えるのが上手いですね。それとは反対にニールはアドリブで対処するからバランスがいいですね。

ピーターの時計を変えたのは何か意味があるかと思いましたが何もなかったですねw

それにしてもケイトの暗号が分かるなんてすごすぎ!普通見逃しますよねw


ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ


ホワイトカラー  ホワイトカラー DVDコレクターズBOX
  ニール・キャフリー :マット・ボマー(Matt Bomer)
  ピーター・バーク   :ティム・ディケイ(Tim DeKay)
  エリザベス・バーク :ティファニー・ティーセン(Tiffani Thiessen)
  モジー         :ウィリー・ガーソン(Willie Garson)
  製作総指揮・脚本:ジェフ・イースティン
  制作:20世紀フォックス
  ホワイトカラー公式サイト
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/08/31(金) 05:22:48 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。