海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
チャック シーズン1ー13話『チャック VS カジキ』ネタバレ
バイ・モアではレイリーとジェフは配達の女の子の胸元をビデオに録画しいていた。それをチャックが注意しているとデヴォンが店にやってくる。そこで相談があると話していると陳列棚の隙間に盗聴器を見つけデヴォンを待たせケイシーに言いに行く。デヴォンの元に戻ろうとしているとモーガンがチャックの持っているゲームソフトをさせてくれと頼むが断る。
戻ってデヴォンの話を聞くと、エリーに結婚の告白をしようとしてチャックに相談を頼んだ。エリーは勘が働くので祖母の指輪をチャックに預ける。チャックは指輪をバックに入れロッカーにしまって帰る。次の日出社するとバイ・モアの商品や棚など全部盗まれていた。慌ててロッカーに行くがバックもなくなっていてチャックは焦る。

内部犯の可能性があるとして従業員が事情聴取される。ケイシーがいないので電話をするとチャックにこいといい行くことに。そこにはバイ・モアでなくなったものがすべてあった。チャックが見つけた盗聴器はサラやケイシーのものでなくフルクラムの誰かが設置して29個も盗聴器があったという。

48時間以内に犯人を捕まえないと安全の為にチャックは施設に連れて行かれると告げられる。バイ・モアの監視カメラを見るとレイリーとジェフがカメラを操作していた。それとは別に黒服の誰かがビック・マイクの部屋のカジキの剥製に何かを仕込んでいるのが見えた。真犯人がカメラを切り、カメラを切ろうとしたレイリーとジェフがカメラを起動させることになったのだった。

早速ジェフとレイリーに話を聞くと酒を探しに店に来たが酒がなかったから腹いせにカジキを盗んだと言い、盗んだカジキはチャックの家に置いてきたという。急いで家に戻り探すがなく、帰ってきたエリーにモーガンが持っていったことを聞く。

またまた店に戻りモーガンに聞こうとするがチャックは事情を聞くために連れていかれケイシーが聞くことに。チャックは部屋で待っていると配達の女の子が昼食を持ってきて29回目だと話していた。配達回数と盗聴器の数が一緒だと気づきチャックはレイリーとジェフのビデオのディスクを見て配達の女の子が写っているところをサラにメールする。

配達の女の子が昼食を配っているところでモーガンがカジキをホットドック店の冷凍庫に隠したと話しているのを聞いて配達の女の子はホットドック店に行く。そのころチャックからのメールを見たサラは配達の女の子が犯人だと知り、捉えようとするが逆に冷凍庫に閉じ込められてしまう。

事情聴取が終ったチャックはケイシーと入れ替わりになりモーガンにカジキの場所を聞きカバンもカジキの中にあると知る。サラの元に行き、銃で鍵を壊そうとしていたら警官がやってきて連れて行かれる。その後ケイシーがやってきてサラを助ける。長官がチャックを連れていった警官はチャックを迎えに来たエージェントだと言い、サラはチャックをケイシーは配達の女の子を追うことに。

ビルの屋上でヘリに乗せられそうになっている時にサラがやってきて少し話をさせて欲しいと頼み、話していると配達の女の子がエージェントを撃ち殺してしまう。盗聴の内容を聞いていたようで、上官に報告する前に捕まえるといい指輪も一緒に持っているという。

サラともみ合いになり屋上から落ちたが、そこはゴミ捨て場で助かった。見事捕まえるが指輪が見つからないのでゴミ捨て場をあさりなんとか見つける。家に戻り急いでデヴォンに指輪を渡し外に出る。外に出るとそこにはサラもいて窓から二人の様子を見ていた。

プロポーズは見事成功してチャックも家に入り一緒に喜ぶ。外で一人でいたサラにケイシーがやってきてそう長くはいられないと伝える。


いやー配達の女の子がエロ過ぎましたねw

スタイル良すぎだし!でもまず上官に報告していればよかっかのに(笑)

でもそれじゃあ話し終わってしまいますしね。

でもあんな事になった時点でチャックは保護されそうですが・・・

でもエリーがプロポーズを受けるところが見れてよかったですね。

シーズン2はどんな展開になっていくのか楽しみです♪

ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

チャックCHUCK / チャック 〈ファースト・シーズン〉
コンプリート・ボックス [Blu-ray]


  チャールズ・バトウスキー       (ザッカリー・リーヴァイ)
  サラ・ウォーカー             (イヴォンヌ・ストラホフスキー)
  ジョン・ケイシー               (アダム・ボールドウィン)
  モーガン・グライムス           (ジョシュア・ゴメス)
  エレノア・バトウスキー         (サラ・ランカスター)
  デヴォン・クリスシャン・ウッドコウム (ライアン・マクパートリン)
  ブライス・ラーキン            (マシュー・ボーマー)

  チャック公式サイト

関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。