海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
チャック シーズン1ー11話『チャック VS セダン』ネタバレ
バイ・モアでチャックはサラが着ていないか気になりホットドック店ばかり見ているとケイシーがやってきて連絡をしてみるという。そこで出張の連絡がありレイリーとジェフリーに三人でクルーザーに向かう。修理は無事に終わるがジェフリーはトイレの場所を間違い大金を数えているのを目撃する。

そこにはロン・カークがしている台湾チャリティーの収益金だと聞くが落ちた札をチャックが見ると偽札だと分かる。ケイシーと二人で長官と話しているとサラもやってきてロンのパーティーに出席してロンと近づく作戦に出る。見事近づくことができ翌日ロンと二人で会うことになるがチャックは不満気だった。

モーガンはアンナに男と会っているのを見たというが父親で韓国のチャリティーや大物と合うのでこっちに来ていると聞いて両親と会わせるようにいい食事することになる。それでどう接していか分からずチャックは自分のありのままを見せるように話す。

チャックがゴミ捨てをしているとケイシーは愛車の洗車をしていた。年代物でGPSや拘束しようになっていると自慢していた。バイ・モアで働いでいると、モーガンから電話があり両親と食事しているとサラを見つけたと電話をしてきた。

チャックは気になりクルーザーのところまで行き張り込んでいたケイシーはに会う。そこで積み荷に偽札原版が入っているといい強行突入するが積み荷には薬しか乗っておらず失敗に終わる。サラは怒り嘘を言ったのではといいあのキスは間違いで二度と起きないと言われ、長官からもロンとの接触をしないように言われる。

モーガンがアンナと大物たちとクルーザーでの食事会に来ないかとチャックを誘うが断る。モーガンがクルーザーでの写真を送ってきてその写真に積み荷が写っていた。それをサラに伝えるとすぐに現場に向かうと、モーガンが乗っている船は調度出航したところで船にロケットの照準になるGPSセンサーがついているのを見つける。

ロンの船に行き阻止しようとするうがミサイルは発射されてしまいチャックがコントローラーで解除をしようとする。なんとか解除はしたが、それによって自分たちのところにミサイルが飛んできた。GPSの座標を入れるためケイシーの愛車の座標を聞き車は爆破するがみんな無事で済んだ。ケイシーは悲しそうな顔で車を見ていた。

バイ・モアでは店が閉まりクリスマスパーティーが始まる。モーガンはアンナに謝り部屋に二人で入っていく。サラがやってきてミスをしたのに信じてくれてありがとうといい目覚まし時計のプレゼントをする。



チャックがチューチューうるさい(笑)

ケイシーがこの選んだ理由を言ったときはめちゃくちゃかっこいい!!と思いましたね!

それにしてもチャックのインターセクトは感情によって変わってしまうのか?それって当てにならないのではないでしょうか・・・

ケイシーの車が爆破するときの切なそうな顔が印象的でした。

何度かミスしてますしね(メイリンの回とか)

それにしてもモーガンはノリノリでいいですね!俺が王だーーーー!!!

ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

チャックCHUCK / チャック 〈ファースト・シーズン〉
コンプリート・ボックス [Blu-ray]


  チャールズ・バトウスキー       (ザッカリー・リーヴァイ)
  サラ・ウォーカー             (イヴォンヌ・ストラホフスキー)
  ジョン・ケイシー               (アダム・ボールドウィン)
  モーガン・グライムス           (ジョシュア・ゴメス)
  エレノア・バトウスキー         (サラ・ランカスター)
  デヴォン・クリスシャン・ウッドコウム (ライアン・マクパートリン)
  ブライス・ラーキン            (マシュー・ボーマー)

  チャック公式サイト
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。