海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
メンタリスト シーズン1-4『紅の涙』ネタバレ
ジェイソン・サンズ邸から、ジェイソンが行方不明になる。ジェーンは書斎の様子から、ジェイソンが書斎の隠し部屋にいると確信。暗証番号を打ち込み隠し部屋を開くと、中でジェイソンが死んでいた。ジェーンは、犯人が隠し部屋の暗証番号を聞き出そうとジェイソンを拷問し死なせたものと考える。
ジェイソンの葬式の際にジェーンはリグズビーに女性の落とし方の手本として妻のジェニファーを口説く事にそこで止めら翌日弁護士から謝罪の要求の電話があり自宅まで赴く、そこでジョイソンが投資などはしておらずすでに破産しており借金のため家も売りに出されることが明らかになる。

ジェニファーはどこかにお金を隠しているのではないかと言い出しジェーンも隠し部屋があることからそう思うと答える、調べてわかったことが破産する2週間前に1000万ドルと債権と株式を持っていて、コピー用紙の販売会社を作っていたことがわかる。

その場所に行ってみるとそこはの停泊場、を探索しているとジェイソンのフィアンセを名乗るアドリアーナがいた、事情を聞くと2年付き合い結婚の話もしており、1000万分のダイヤを探していたという、本来はダイヤを持ってジュリーと三人で逃げる予定だったと答える。

その後ジェニファーと会い、1000万があることと愛人がいることを告げるが知らなかったと答える。愛人がお金を持っているのではないかと言う。一方リグズビーとヴァンペルトはジョナビッチとルイスを連行するが犯行を否定、アドリアーナが怪しいと答える。

そこにジェニファーの自宅で娘をさらったを置手紙がありジュリーが行方不明に、誘拐犯から連絡があり待ち合わせることに、そこにやってきたのはアドリーナだった、彼女も脅迫されて行動していたのだが彼女に偽物のダイヤを渡し、代わりに銃と携帯をさらりと奪い履歴から住所を割り当て現場に向かう。

その場所はジェイソンの弁護士のベネットの自宅でそこにジュリーもいた、ベネットが銃をかまえたことで発砲。病院に運ばれそこでジェニファーとアドリアーナが鉢会うそこでチョウがウェンディーという名を出し二人の行動を監視することに、アドリアーナはジュリーを見に行きジェニファーは自宅のジュリーの部屋のダイヤを探しに行っていた。

そこにジェーンが待ち伏せてジェニファーがコンサートに行かず事件当日に現場にベネットといたこと話した。自分には何も与えず愛人と娘と逃げようとしているのが許せなかったと告白する。ダイヤは娘の部屋のシャンデリアにあった。



ミネリ上官がどっちのコーヒーがいいかわからんと言った彼にジェーンが「ふたつを混ぜて二杯飲めばいい」と言った時に笑っちゃいました(笑)

それにしてもジュリーのオモチャやキッチンセットがあまりに豪勢でビックリでした!!やっぱり子供は物ではなく愛情を与えないといけないといけないと思いましたね。

個人的にはジェーンがジェニファーを落としてほしかったですけど(笑)


ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  メンタリスト THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉
  コレクターズ・ボックス1 [DVD]

  パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)
  テレサ・リズボン(ロビン・タニー)
  キンブル・チョウ (ティム・カン)
  ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)
  グレース・ヴァンペルト (アマンダ・リゲッティ)

  製作総指揮  ブルーノ・ヘルラー
           デヴィッド・ナッター
  メンタリスト公式サイト
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。