海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フリンジ シーズン3-17話『魂の救済』ネタバレ
オリビアに入ったベルに話を聞くことに、オリビアは休眠状態で安全だという。ベルは前に向こうの世界でオリビアに会った時に出したお茶にソウル・マグネットを入れていたのだ。いつまでもオリビアの中にいるわけにもいかないので魂の器を探すことになり期限は48時間。
そんな中自殺しようとしている男を止めようと一人の女性がビルの屋上にやってくる。説得するが男は聞く耳を持たず二人一緒に飛び降りてします。タクシーの上に落ちたがとても助かる高さではないが、女性はゆっくりと起き上がりその場を離れていった。目撃者がビデオを撮っていてそれブロイズルから送られてきて現場に行くことに。

調べているとリンカーン特別捜査官がやってきて彼女デイナ・グレイという名前で過去に何度も死んでいることが分かる。ウォルターはベルの器候補にしようとする。リンカーンもラボに来て調べた結果、グレイの体の分子が分離しないことがわかるくらい引きつける力が強いというのだ。

自殺未遂の被害者ばかりなのでピーターとリンカーン自殺防止ホットラインに行くことに。ホットラインに行くとグレイが働いていることが分かり優秀なカウンセラーで二度も雷にうたれていた事が分かる。家の住所を聞き調べていくとピーターが自殺者と一緒に死にたいのではないかとリンカーンに言う。

グレイは自分の墓に行き花を添えているとホットラインの電話がかかってきてブライアンという男に会いに行く。着くと銃を突きつけてイーストベイの67号の列車の座席の下にあるバックに電車に爆弾を仕掛けたといって持っていた銃で自殺する。グレイは列車に乗り集団での死亡で自分も天国に連れていってもらおうとしていた。

ブライアンの家で通報がありグレイの目撃情報があり、一緒に死んでいないことに疑問を感じる。部屋には隠し部屋があり爆弾を作っていた事がわかる。その爆弾を使って大勢の人を魂に便乗しようといていた。ブライアンの電話の履歴でグレイにかけていることが分かる。

グレイに電話をするが出ないので、発信元の操作してピーターがグレイの夫の番号でかけ説得するが断られる。通話している間の周りの音で電車を特定して先回りして電車の中を調べるがグレイも爆弾も見つからなかった。少しすると外で爆発が起こり、そこでグレイの死体が発見される。

なぜ今回一人なのに死ぬことができたのか不思議に感じていたピーターだったがベルがグレイは爆弾によってグレイの体の電磁波が元に戻ったせいか、列車の乗員を助ける運命だったのかもしれないと話す。その時協会の鐘が
鳴り一瞬だけオリビアが戻ってるがすぐにベルに戻りまずいことになっているという。




今回は運命に関する回でしたね。運命というものは本当にあるのでしょうか?

ということは私が今ブログに書いているのも運命?(笑)

それにしてもブライアンはほんとに病気ですね。殺したくないのにやってしまうとか怖すぎです((((;゜Д゜)))))))

ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ  人気ブログランキングへ
フリンジFRINGE / フリンジ 〈サード・シーズン〉
コンプリート・ボックス [Blu-ray]


  オリビア・ダナム          (アナ・トーヴ)
  ピーター・ビショップ        (ジョシュア・ジャクソン)
  ウォルター・ビショップ      (ジョン・ノーブル)
  フィリップ・ブロイルズ      (ランス・レディック)
  アストリッド・ファーンズワース (ジャシカ・ニコル)

FRINGE公式サイト
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。