海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
メンタリスト シーズン1-14話『深紅の情熱』ネタバレ
ある夜に三発の銃声があり翌日CBIが捜査をする。被害者はクレア・ウォルコットで夫は街の大物キース・ウォルコットだが、クレア浮気をしており現場は高級スパで部屋の様子から愛人との情事後に殺されたと思われた。現場に落ちていた薬きょうの位置などから、犯人は正面のドアから侵入し発砲していたので、愛人が犯人ではないがケガを負っていて逃げた先の血の跡があり追うと車があり、その車を調べると発砲があった直後だったので入ると愛人のポール・フリックがいた。
フリックは怖くなって逃げてそこに居合わせた女医に介抱してもらって寝たという。フリック愛人から金を貢がせて生活しているという。クレアは好きで貢がせたりはしていなかったという。口説いた女性のリストを受け取る。

ジェーンは犯行現場が気になると言いリグズビーと向かい部屋にあるドアを開け閉めする。昼食とりに行くとフリックがいた。そこで犯行が起こる前はドアが閉まっていたかと聞くと閉まっていたという。そこにいたウェイトレスケイティーとのやり取りに違和感を感じたジェーンは何かあるのかと聞くと、昔付き合っていたという。

ケイティーとはなんでもないというが昔はよく呼び出していて、毎晩違う女性と夜を共にしていることよく思っていない筈だといい。計画を打つことに。ジェーンたちは部屋で待機してチョウがお洒落してスパに行きナンパをする。

女性と楽しく話しているとフリックが来る。そこでわざと引かれるようなこと言い一人になる、仕事が終わりカウンターで飲んでるケイティーと話し、フリックを焼けせようということになり楽しそうに部屋に行く、そこで捜査のことを知らせるが男運がないと泣いてします。

監視カメラで確認をしていると一人の男がやってくる、そこで取り押さえるとスパの支配人ケビン・ヘイトリーだった。チョウは会計をジェーン達のいる部屋に付けさせケビンを誘導していたのだ。なぜ分かったかと聞かれると内側からしか入れないので従業員の誰かだとわかっていたという。

犯行はクレアの為でなくフリックを狙っていたものだった。ケイティーが不憫でやったと言い、全く反省していないケインにジェーンが怒り殺害したことを反省する。チョウはケイティーと部屋で宥める。カウンターで飲んでいるジェーンいフリックが近寄ってきて今日も番号をGETしたといい、ジェーンは酒をかけ目を覚ませといいケイティーのところに行かせる。


チョウがやり手すぎでしたね!

アナコンダを手懐けて欲しいには爆笑しました(笑)

計画が犯人を炙り出すためのとケイティーとフリックを付き合わせるようにしているところがにくいですね!

でも女性を理解している人はモテるのは確かにそうかも知れませんね。女性の気持ちを組んで上げることは大切です。フリックと違い一人の女性に対してがいいんですが。

最後のジェーンが誘われて断るのはさすが!私がフリーならホイホイ行ってしまいそうな美人さん達でしたよ(笑)


ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  メンタリスト THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉
  コレクターズ・ボックス1 [DVD]

  パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)
  テレサ・リズボン(ロビン・タニー)
  キンブル・チョウ (ティム・カン)
  ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)
  グレース・ヴァンペルト (アマンダ・リゲッティ)

  製作総指揮  ブルーノ・ヘルラー
           デヴィッド・ナッター
  メンタリスト公式サイト
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。