海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フリンジ シーズン3-16話『オスミウム』ネタバレ
ウォルターはベルの部屋に行き資料を見てウォルターの記憶を呼び戻すことができるのではないかという。その夜マサチューセッツ州の金庫倉庫でロープをつたいながら逆向きで降りてくる不審者二人を警備員が見つけ一人は逃げ一人は射殺してのだが、撃たれた男は中に浮いたまま死んでいた。
早速フリンジチームがやってきて捜査を始める。盗まれたのはオスミウムという地球で一番重い元素だ。おもりのついた靴で歩いていることと被害者は足の筋肉がないので足の悪い人だとわかり徐々に重さがなくなっていた。被害者が持っていたキーが倉庫だとわかりオリビアとピーターが向かうことに。


逃げたもう一人の男がクリック博士に会いに来て倉庫に行っておけと言われ後から行くと目から血が出ていて体調もすごく悪くなっていた。急いで注射をしようとするがその前に死んでしまう。クリックは足を切ってサンプルを採っているとオリビアたちが来るのがわかり逃げ、それを見た二人はさらに共犯者がいることがわかり奥に行くと冷凍倉庫にたくさんの死体が入っていた。

倉庫には車いすが大量に見つかり。調べると皆筋ジストロフィーという足の筋肉が退化する病気だにかかっていることがわかる。クリックは息子の身体障害のスポーツの見学に来ていて、そこにいた患者に歩けるようになるとそそのかす。

ウォルターは行き詰まりベルが必要だといい資料の中のソウルマグネットという技術でベルを蘇らせようとニーナに言う。必要なものは器と超小型マグネットで食事か注射で体内で入れたらいいというが、ニーナはウォルターならできると励ます。

教授は誘った患者に注射をして浮かせ、もう原料がもうないといい盗みの手助けをさせる。家に帰った教授は息子のマイケルの世話をしてた。教授はマイケルを歩かせようと実験をしていたのだ。ウォルターはオスミウムに混ざっているのがルテチウムだということがわかりルテチウム隕石に含まれていることから科学博物館に侵入するのではないかといい向かう。

先に着いていた教授は患者を使い中に侵入する隕石を取ろうとした時にチームがやってくて捕まる。ウォルターはクリックにどうやって物理の法則を覆したかと聞くと、合金の研究をしていたがオスミウムルテチウムを混ぜると突然空気より軽い物質ができたといい。ウォルターは自分のせいで世界の法則が乱れたのだという。

ウォルターはやはりベルが必要だといい、ソウルマグネットのきっかけとして、遺言の際にニーナが渡された小さな鐘を鳴らす。ピーターはすべてをさらけ出すといって隠れて研究していた研究室に案内する。そこにはシェイプシフターのデータがあるが解読できないというと、突然オリビアの様子が変わり解読キーはマッシブダイナミックのベルの部屋にあるという。




色んな意味で超展開でしたねw

空は飛びたいですけど降りれないのは困りますね。

オリビアに入ったベルがどうなっていくか今後の展開が楽しみですね♪


ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ  人気ブログランキングへ
フリンジFRINGE / フリンジ 〈サード・シーズン〉
コンプリート・ボックス [Blu-ray]


  オリビア・ダナム          (アナ・トーヴ)
  ピーター・ビショップ        (ジョシュア・ジャクソン)
  ウォルター・ビショップ      (ジョン・ノーブル)
  フィリップ・ブロイルズ      (ランス・レディック)
  アストリッド・ファーンズワース (ジャシカ・ニコル)

FRINGE公式サイト
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。