海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
メンタリスト シーズン1-10話『赤レンガの虚栄』ネタバレ
リーランド大学のシンポジウムで、壇上に立った教授のアレックス・ネルソンが水を飲んだ直後に死亡する。ソフィー・ミラーという女性から電話があり捜査を依頼される。ネルソンと同じストゥッツァー研究所の研究員でパトリックの知り合いのソフィーはネルソン殺しの疑いをかけられる。
ソフィーの事情聴取が始まり水にはシアン化水素が入っていて、ソフィーはネルソンと結婚していたのだが、離婚後にネルソンに対する暴行罪で逮捕されていたのが原因かと思われたが証拠がなくジェーンも無実だというので解放することに。大学に動物平等連盟が動物実験の反対ポスターが張っていて動物実験を止めないと次はストゥッツァー教授を狙うと書かれていた。

スターン学長にストゥッツァー教授の警備を依頼され引き受けることになる。リズボンはジェーンに真実を話すようにいう。ミラーは精神科医で家族が殺されてから入院していたのだが恥ずかしくて隠していた。ストゥッツァー教授に会って話を聞くことに。

ストゥッツァー教授は道徳的な判断を正しく機能する道徳エンジンを作ったという。それは装置で善悪切り替え暴力事件をなくす画期的な研究をしている。動物は人間に使う前の実験で使っていてチンパンジーのスージーは装置で大人しくなったという。実験が進むと今度は人間で実験するようになると話す。

動物平等連盟の居場所が分かり捕まえる。ネルソンを殺してストゥッツァー教授も殺すと言っているがなんの毒を使ったか聞くがわからず、犯人ではないことに。

しかしパトリックはソフィーの無実を信じる。ネルソンの妻エミリーに会いに行く。二週間前に電話で口論していてロージーという名前を聞いたという。置いてあった写真を頼りにネルソンは恋人を金髪に染めたがり、研究所で働いているケリーも金髪に染めていることからケリーの家に行くがすでに死んでいて近くに「許して」という紙があり、シアン化水素で自殺したかと思われる。

リズボンは遺書が短いし、楽に死ねる薬はたくさんあるのに苦しむのにシアン化水素は使わないといいミラーを疑い話を聞くことに、ケリーが不倫をしていたのは知っていたが相手がアレックスとは知らなかった。そこでロージーという言葉を出すとカゴでざわつく声がした。

ジェーンはミラーと二人っきりになりロージーはカゴの中ということがわかりズージーとロージーをすり替え実験が成功していないことがわかるが殺していないと言う。ジェーンは恩返しするからもし殺人に関わっているならいますぐ逃げるように言う。

ジェーンは道徳エンジンがうまく機能したとストゥッツァー教授とスターン学長に見てもらう。被験者はジェーン
で道徳エンジンで悪人になり銃をミラーに突き付け犯人は誰だと聞くが答えないからミラーを撃つそうするとスターン学長が自分がやって証拠の場所を言う。研究がバレると大学の評価が下り潰れてしまうから殺したのだった。

そこで芝居だとバラすしスターン学長は仕方なく言ったというが証拠の場所が分かったので捕まえることになる。ジェーンはミラーに恩返しは済んだから今後連絡はしないうに伝えほっぺにキスをして車に乗る。




犯罪が起きない世界ってどんな世界なのでしょう。それはある意味みんな同じ人格になるようなことなのではないでしょうか?

それにしてもジェーンがほっぺとはいえキスをするのはびっくりしました。それだけ助けられたということなのでしょうね。

素朴な疑問なのですがエミリーの家に5分おきに電話がかかってきてたのは誰だったのでしょうか?(笑)

今さらなのですがタイトルに必ず赤というキーワードが使われているんですね!

ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

  メンタリスト THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉
  コレクターズ・ボックス1 [DVD]

  パトリック・ジェーンサイモン・ベイカー
  テレサ・リズボンロビン・タニー
  キンブル・チョウ (ティム・カン)
  ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)
  グレース・ヴァンペルト (アマンダ・リゲッティ)

  製作総指揮  ブルーノ・ヘルラー
           デヴィッド・ナッター
  メンタリスト公式サイト
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。