海外ドラマのネタバレ復習日記

海外ドラマの紹介とネタバレ、感想を書いています。内容を知りたくないという方は見ないことをお薦めします。好きな海外ドラマはメンタリスト、ホワイトカラー、チャック、フリンジなどなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
メンタリスト シーズン1-1話『レッド・ジョンの影』ネタバレ
プロゴルファーのプライスはゴルフで負けてイライラしながら自宅に帰るとそこに妻アリソンと主治医タネンが殺されているのを発見、そこで見つけたのが殺人現場の壁にレッド・ジョンのトレードマークのスマイルマークが描かれていた。レッド・ジョンはジェーンの追うべき相手でレッド・ジョンに妻と子供を殺されてしまいました。
ジェーンはマークの書く場所が部屋に入って目に見えるところにないからレッド・ジョンの犯行ではないと言います、不倫を理由にプライスが犯行に至ったかということでアリバイを証言を求めるた為に同僚のワグナーに話を聞くとアリバイがあり、タネンはゲイであることがわかるのとプライスはパイプカットしているのに妻のアリソンはタネン医師に避妊薬を頼んでいたことが明らかになる。

その夜にジェーンのドアの下に一通の手紙が届く、相手はレッド・ジョン、すぐさま追いかけるが捕まえられず手紙の内身は新たな殺人予告と血痕と毛髪が入っていたがジェーンはこれを模倣氾であるという。血痕はアリソンのものだが毛髪はプライスの弟のものだとわかった。

そこでチョウとリグズビーが弟の取り調べをして、その間にジェーンは新しい手帳に何かを書き始める、手帳を書き終わるとワグナー医師に睡眠薬をもらうために出向く、そこで睡眠薬をもらいタネンの日記の話をしワグナーに日記の心配をさせる、一旦ジェーンが帰りワグナーがタネンの部屋を物色しだす。

そこに携帯を忘れたとジェーンがやってくる、一緒に日記を探すふりをして持参した手帳をさもそこにあったように見つける日記を持って帰ろうとするとワグナーはジェーンに銃を突きつける、そこでジェーンはタネンの毛髪が手に入る、医師だから躊躇なく人が殺せるという理由でころしたという。そうするとワグナーはタネンに妨害をされようとして殺したと話す。

気をそらせて入口まで逃げるとリグズビーがきており逮捕される、ジェーンの勝手な行動に怒っていたリズボン、それを見たジェーンはカエルの折り紙をおいて出る、折り紙がピョンと跳ねてリズボンを笑わせる。




いやーージェーンの洞察力はすごい!あんな見る力があればいいのに(笑)そしてみんなゲイやらパイプカットなどと・・・外国はそういうことが多いのでしょうか?

リグズビーがヴァンペルトを誘うというジェーンの発言でリグズビーがむせている姿がかわいかったですね(笑)

最後のカエルの折り紙の織り方がすっごく知りたいです!!!

ポチッとお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

メンタリスト公式サイト



THE MENTALIST / メンタリスト 〈ファースト・シーズン〉
コレクターズ・ボックス [Blu-ray]
関連記事
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。